V系音源レビュー

V系のアルバムを好き勝手レビューします。たまに辛口なのは許して。気が向いたら書いていくスタイルです

BAROQUE「PUER ET PUELLA」2019

現代に産み落とされた白系アルバム

全曲圭

1.BIRTH OF VICTORY 

オーケストラのインスト

 

2.PUER ET PUELLA ★★★★

幻想な雰囲気がまとうミドルナンバー。バックでなっているシンセとギターの音がワクワクさせる白系全開の曲。サビの開放感が気持ち良すぎです。PIERROTのHEAVEN聴いたときのあの開放感と幻想感を感じられて、非常にいい気持ちでスタートする曲です。

 

3.STARRY BOY ★★★★★

この曲も開放感溢れるギターとメロディがすばらしい疾走パンクナンバー。やけにポップなのにいやらしさを感じない純白な曲。まじでアニソンとかスポーツ系ドラマの曲にしても全然違和感がない汎用性の高さも感じる素晴らしい曲。とにかく聞け!

 

4.SKY FITS HEAVEN ★★★

さっきの飛び抜けた明るさとは一転、ハードなオルタナティブロックナンバー。この曲だけは犯罪者と地獄をテーマにした次回作のほうがあってる気がしなくもない少し重苦しい曲です。

 

5.IN THE ATMOSPHERE

なんか宇宙的なインスト

 

6.LAST SCENE ★★★☆

女性アイドルとコラボした白いバラード。リズムとギターのせいでかなり個人的にはヴィジュっぽい感じの曲で優しい曲になっています。

 

7.AN ETERNITY ★★★

ピアノとテクニカルで音作りのすばらしいギターのサウンドが映画音楽のような美しさがあるバラード。とにかく壮大で素敵なホールで生で聞きたくなる曲。

 

8.FLOWER OF ROMANCE ★★★★★

ヴィジュアル系らしいシリアスな夜が似合う曲。ノリは完全にビートロックなんですが、ギターが圭さんの独断場過ぎてあまりヴィジュアル系臭さがなく一般人にも聴きやすい曲。この曲にも突き抜けるような清涼感があってとてもキレイです♪

 

9.YOU ★★★☆

ヴィジュアル系子守唄。力強くも優しいボーカルとギターがここ良すぎて眠りを誘う曲。でも歌詞はなんだかちょっとチープになったか?

 

10.GIRL ★★☆

ラルクのkenプロデュースの若干EDMっぽい要素の入ったギターポップ。かなり近未来的なサウンドをしていてなかなか秀悦ですけど、なんか韓国アイドルの曲にも聴こえなくもない曲。

 

11.RINGING THE LIBERTY ★★★

1stトラックのボーカル入りバージョン。こっちのが泣ける

 

12.PERFECT WORLD ★★★★☆

ディズニーの映画のエンディングのようなパーティソング。子供のコーラスも入ってあたたかくぽかぽかとした気持ちになれます。バロックといったらDQNぽい感じの曲も好きだけど、こういうみんなが幸せになれるような曲もいけるみたいなので俺的にポイント高い!

 

総評★★★★★

文句なしの純白なアルバム! あまりにも綺麗過ぎて汚れたぼくの心なんてミストになっちまうほど美しいです。間違いなく名盤でしょう。

https://www.amazon.co.jp/PUER-PUELLA-BAROQUE/dp/B07TMRSSQH/ref=asc_df_B07TMRSSQH/?tag=jpgo-22&linkCode=df0&hvadid=342392869918&hvpos=&hvnetw=g&hvrand=7853251753108197953&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=&hvdev=m&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009343&hvtargid=pla-818656927913&psc=1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BAROQUE「ノンフィクション」2013

1.魔女と林檎 ★★ 曲圭

タイトルからして感じるちょっとメルヘンな感じのロックンロールな曲。あのジャケ写のせいでちょっと聴く気失せてしまいますが、ちゃんとかっこいいのでご安心を。女に媚びてる感がなあ…

 

2.モノドラマ ★★★ 曲晃

カッティングサウンドが気持ちいいフツーのJ-POP。なんか曲が単調であんまり面白くないです。

 

3.溢れるは純情 ★★ 曲晃

シンセのサウンドと共に疾走する曲。可もなく不可もなく。

 

4.メロウホロウ ★★★★ 曲圭

爽やかで眩しい青空を突き抜けるような清涼感あふれる疾走曲。普通にこの曲少年漫画原作のアニソンかなんかで使えそうな感じの地味にかっこいい曲。

 

5.湿度 ★★ 曲圭

女性目線の歌詞のまあまあ気持ち悪いラブソング。かなりシリアスな曲調で最近のV系ぽくていいんじゃないすか。歌詞が女々しいのに歌い方男らしいのがちょっとポイント低いかも…

 

6.キズナ ★★★★ 曲圭

なんかアイドルの曲にありがちなテイストと曲名で一見クサく見える曲。ただ曲の方はkannivalismの頃からやることはちっとも変わっていなく、ただのポップスバンドにしてはツインギターの美味しいところを上手く引き出してるのでいい曲だと思います。

 

7.ナカユビタテル ★☆ 曲晃

初期の曲を現代風に焼き直した昭和歌謡風の曲。サビだけは無駄に曲がいいのでプラス★+1。もうちょいアレンジ頑張ればShiverっぽくなれんのに…

 

8.たとえば君と僕と ★★☆ 曲圭

なんかCMかなんか聴いたことがある気がするぽっぷす。なんか王道過ぎてこんな風にしとけばチャート入りするだろ的な感じのかほりがプンプンします。

 

9.ザザ降り雨 ★★★ 曲晃

初期風のシャッフル歌謡曲。初期の頃のしょうもない歌い方しなくなったので十分聞きやすくなってます。

 

10.何千何万何億の君への想い ☆ 曲圭

なんか急にストーカーくさいタイトルでいきなり陳腐になりました。ギターのサウンドはやはり素晴らしいので辛うじて聴けますがジャニーズの曲にしか聴こえませんよこれ。いくらオサレ系でもこれは…

 

11.凛然アイデンティティ ★★★★ 曲圭

なんか急に懐かしい感じのミクスチャーロックが始まりました。バロックはこういうのを求めてるんやで!! なんだかキラキラしてる雰囲気ありますけど、怜さんのラップが聴けたり現代風にしたサグライフ直系曲。

 

12.teeny-tiny star ★★ 曲圭

RaphaelWhite love storyの劣化アレンジみたいな曲。ギャル高校の文化祭のライブの様な雰囲気のキラキラ感です。

 

13.ギズナ (アコースティックver.)

ボーナストラック

 

総評★★★

9年ぶりに制作したアルバムにしてはなんだか守りに入ってる感を拭えない、全曲75点狙ったような惜しいアルバム。怜さんの歌唱力は上がってるし、ギターの音作り素晴らしいから特別いいとも言えないし、貶すこともできないなんだかやるせないアルバム。 万作さん抜けたダメージはかなり大きいようです。

 

ノンフィクション(通常盤) https://amzn.asia/d/7F7KUgn

 

BAROQUE「スケベボウイ」2002

コテ系からストリート系に

1.唄 ★★★ 曲圭

前作からヴィジュアルも曲ガラリと変えた曲。てかマジで変わりすぎだろこれ笑。あの変なヴィジュアルから、ただの好青年(笑?)の集まりで、曲に関しては当時流行っていたミクスチャーロックに。一体何があったんすかね…

2.しゃがれブギー★★ 曲晃

シャッフルリズムだが歌謡曲風の前作とは打って変わってストリート風味強め。ボーカルは意外と前作のような歌い方をしてますけど、雰囲気めっちゃかわってます。なんかミッシェルで似た曲あった気がする。

3.曖昧ドラスチックナンバー ★★★★ 曲万作

一見正統派ヴィジュアル疾走ナンバー。AメロBメロ転調&テンポダウンするのでなんだかもどかしい一曲。ギターの絡み合いはこれぞV系!なのでぜひ聞いてくれ。

総評★★★

もうバロックはここからソフビになっちゃってます。初期のが苦手な人も十分聞きやすいでしょう。

スケベボウイ https://amzn.asia/d/0Jecs8q

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

La'cryma Christi「In Forest」1998

1.In Forest ★★★☆ 曲HIRO
デビュー前にリリースした「Forest」の再構築版。
サビのメロはアレンジ前と同じですが、それだけでほとんど「Forest」とは全くの別物です。
ある朝に出会う森の中にあるミステリアスな教会感消えて、なんかふつうのポップロックです。

2.Lhasa (unplugged) ★★★★ 曲HIRO
アルバムの表題曲のアコースティックバージョン。
アルバム版は荘厳な雰囲気があって悲壮感ただよっているハードプログレバラードですが、アンプラグド版はストリングスを使用したり、中国の伝統楽器を使用していてラサというチベットの街があるのでちょっと行ってみたくなります。

総評★★★★
1曲目、2曲目とも既存曲のアレンジバージョンですが、かなり質が良くバンドの脂がたくさん乗っていた時期なので曲から感じるエネルギーやパワーがすごいです。

IN FOREST https://amzn.asia/d/8r0KxFz

Laputa「glitter」2002

ピコピコミニアルバム

1.POPular UPrising ★★★★ 曲Junji
いきなり強烈なテクノロック。バンドサウンドもはっきりしてるとはいえ、楽園に比べるとかなりハッキリデジタルに移行してますね。
メロもかなりキャッチーです。ギターと打ち込みサウンドの掛け合いがカオスなサイバー空間みたいで面白いです。

2.FACE ★★★★ 曲Kouichi
バンドサウンドより打ち込みのほうが強いデジロック。テクノほどピコピコしませんが、SF系のアニメのタイアップついてもよさそう。

3.In Coniusion ★★★ 曲aki
かなり複雑なリズムのミディアムなデジタルナンバー。もうこれはテクノポップ。AメロBメロはかなり暗いのにサビでめっちゃ明るくなるV系のお約束を守った曲。

4.Unusual ★★★★★ 曲Kouichi
これは完全に90年代のアニソン。なんかこれも金田一っぽいんだよな… 正式にタイアップついたmeet againといい、ついてないけどそれっぽいShapeといい…

随分キャッチーでバックで鳴ってる音もかなり明るい音色で、あまりV系らしさを感じない曲。

5.1234>>> 曲Junji
前曲から繋がってるやかましいテクノインスト。

6.Mr.Romance ★★★ 曲Junji
もう完全にデジタルに侵されてます。とはいってもV系のデジタルナンバーって、どれもなんだか中途半端でデジタルに振り切れてなくてなんだかもどかしいので、ここまでやってくれるのは正直ありがたい曲です。

総評★★★☆
名作ですが、正統派V系が好きな方は幻滅したらしい本作。確かに変わりすぎてますけど、根の部分は変わってないので僕はふつうに好き。

Laputa/glitter
https://www.amazon.co.jp/glitter-Laputa/dp/B00005Y10U

Laputa「楽〜ヘブン〜園」2001

後期だけどまだそんなピコピコしてないよ。

1.Blast-off Time 曲junji
junjiさん全開のカオスなサイバーインスト。
まるで今の世の中みたい。

2.Programized Heaven ★★★☆ 曲Junji
ハードなデジロックナンバー。99年までの正統派ヴィジュアル系を貫いていたLaputaも世紀とレコード会社変えたらピコピコし出しました。そして謎のニュース速報付き。
僕は正直初期Laputaより、後期Laputaの方が好きな変わり者なので、純粋にかっこいいな思います。ただコンセプトは厨二病

3.Silent on-looker ★★★★ 曲Kouichi
結構バンドサウンドな曲だけど、若干デジタル趣向も感じられるkouichiさんらしい正統派ヴィジュアルナンバー。だけど、これまでの曲とはかなり雰囲気が変わっており、デジタルな浮遊感+疾走系なのでかなり斬新な曲。

4.Devil's Waiting ★★★ 曲aki
いかにもjunjiさんが書きそうな曲だけど、akiさん作のダンスデジロック。最初英詞のところがあるみたいですが、エフェクトかけまくってて何言ってるか分かりません。

5.Sapless Heart ★★☆ 曲Junji
かなりピコピコしたシリアスなイントロから始まる爽やかなミドルナンバー。かなりポップで、メロディが昔のV6のアルバム曲に似たような曲あった希ガス

6.Dazzling Sun ★★★☆ 曲Kouichi
ちょっと退廃的なデジポップ。ギターがいいアクセントになっているシリアスな曲。あんま感想が出てこない…

7.Shape ★★★☆ 曲aki
デジタルな曲が続いてきましたが、ここからバンドサウンドが目立つロックに路線が変わります。meet againよりもシリアスな雰囲気でこっちの方が金田一っぽいですねえ。夜中の高速道路っぽいです雰囲気がめちゃくちゃあります。特にインター沿いのラブホの明かりとか浮かんでくる。

8.I cry "Dance" ★★ 曲Junji
その辺の昭和歌謡を狙ったバンドよりも、昭和歌謡っぽさが出まくってる曲。楽器隊は間奏部分だけ平成っぽく、その他のメロディとかは80年代のポップスみたいで懐かしさを感じます。

9.Borderline ★★★★☆ 曲Kouichi
レースゲーとタイアップついてもよかったんじゃねと思えるハードな疾走ロック。ロックンロールでジャンキーなギターとメロディアスなボーカルパートの組み合わせがイイ感じのキラーチューン。

10.Blindman's Buff ★★★ 曲Kouichi
Laputaのコンセプト、ダーク、ハード、メロディアスを忠実に守りきったスピードメタルナンバー。さっきまでピコピコしてたのは一体…

この曲だけはピコピコは然り、デジタル風味もない純粋なサウンドなのでV系好きな人はこれならよく思ってくれるはず。

前半聴いて萎えた人よ、この曲聴け。

11.Black Sheep ★★★☆ 曲aki
全体的にはバンドサウンドだけど、どことなくデジタルっぽいサイバー感がある、疾走ロック。
変態リズムを消したプラエネ期のピエロみたいです。

総評★★☆
後期はネタ切れでピコピコし出したとか、さんざん言われていた王道V系を貫いていたLaputaさん。

まあなんというか過渡期みたいな感じであり、発展途上っぽいです。次回作からは完全にテクノポップとかユーロビートとかやり出しちゃいます。

楽園〜ヘブン〜https://www.amazon.co.jp/dp/B00005HUTV/ref=cm_sw_r_tw_apa_glt_i_1HSEHJCSNH6KFVN4FG80

the GazettE「大日本異端芸者的脳味噌中吊り絶頂絶景音源集。」2004

3枚同時シングル集

全曲:大日本異端芸者の皆様

1.ザクロ型の憂鬱 ★★★
思ったよりも激しいハードロカビリー風の曲。
サビが終わったあとに軽くアコギのアルペジオやギソロ後のジャカジャカがいいアクセントになっています。
ラスサビ前にディルの予感みたいな棒読みのセリフが入ってます。

2.舐〜zetsu〜 ★★☆
若干黒夢混ざってるダウンチューニングで重低音マシマシのパンクナンバー。巻き舌など馬鹿にするような歌い方をしてるルキさん。声が高くなったディルの京さんみてえ。PVもコスプレしてるし笑。

3.未成年 ★★★★★
歌詞も曲も泣ける青春パンク。
歌詞を読むとぼっちでイキってる主人公の曲ですが、リア充の方でもこんな気持ちなったことある人もいるのではないでしょうか?

「強がってばかりじゃ本当の顔忘れちゃうから
たまに力を抜いて誰かに頼ることも大事です」

この歌詞は生きてく上で大事にしていきたいです。

総評
異端ガゼットの名曲

大日本異端芸者的脳味噌中吊り絶頂絶景音集 https://www.amazon.co.jp/dp/B000BKJI48/ref=cm_sw_r_tw_apa_glt_i_TQ3EGBKKMCAYQ7597F3X